坂本記念病院 病院日記

医療法人仁敬会坂本記念病院での様々な出来事や思いをつらつらと綴っていくページです。
身体拘束に関する研修会が開催されました
0

    10月23日(月)と10月30日(月)

    テーマを「身体拘束防止のための基礎知識」と題し、身体拘束に関する研修会が開催されました。

    参加は全職員を対象とし、講師は当病院副院長 佐々和彦医師が務めました。

     

    近年、介護の現場では身体拘束のないケアの実現に向け、様々な取り組みが進められています。

    当病院においても身体拘束廃止に係わる理解を深めるため、社会的な情勢等を織り交ぜながら、身体拘束防止に向かう上で基本的な知識を学びました。

     

    【参加した職員の感想】

    ・身体拘束の種類や規制で禁止していることなどを再確認することができました。

    ・『拘束をしてはダメと理解していても、拘束しないと安全が確保できない状態がある』その中で、拘束を解くと危険のリスクが高くなる。でも、拘束をすると拘縮を起こし褥瘡が出来るし、嚥下機能が低下することが起こる。負のスパイラルになっていると感じました。そして、永遠のテーマのようにも感じました。

    この勉強会を通して一人一人知識(同じ)を共有し、考え、職種や階級の壁を越えて、病院全体で考えていく必要があると思いました。

              (記:看護師 水島)

    | sakamoto-blog | 院内情報 | 15:43 | comments(0) | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE